是非とも知っておきたい生活のお役立ち情報をここではご紹介しています。

menu

情報をさらに収集!生活ナビゲーション

情報をさらに収集!生活ナビゲーションブログ:171107

31-04

減量中は、
食べる事は一日3食バランスよく摂ることが大切なんですが、
毎食どれくらいの割合で摂ればいいのか気になりますよね。

理想のご飯摂取カロリーの割合は、
朝:14時:夕方=3:4:3とされています。

例えば…
24時間の目標摂取カロリーが1800kcalの場合は、
8時食540kcal、14時食720kcal、夕方食540kcal
となるわけですね。

必ずしもこの割合でないといけないという事はありませんが、
昼食に重点を置き、
あさ食と夕方食は軽いご飯で
済ませるというのがポイントです。

夕方食はどうしても豪華になりがちなので、
食べ過ぎることもなくなりますし、
胃にもやさしいですよ。

ダイエット中でカロリーが気になったり、
食べる事のボリューム感が足りない時は、
肉や魚などのたんぱく質を少し控えめにして、
きのこや野菜・海藻類などをたくさん取ると、
食物繊維も取れるし、
お腹の満足感も感じられるのでおすすめです。

食べる事の時間が不規則で
ウエストが空いてしまった場合は、
間食におにぎりやバナナなどを取り入れてみましょう。

ウエストが減ると血糖値が下がるため、
思考回路や集中力が低下したり、力が出なくなりますが、
間食を取り入れることで改善できますよ。

また夕方食が22時遅くなってしまう場合は、
野菜中心の軽めのご飯にしてみましょう。

24時は消費カロリーが昼に比べ少ないので、
高カロリーのものを摂ってしまうと
脂肪として蓄積されやすくなるので注意が必要です。

ご飯はバランスが大切です。
朝方・13時・夕を規則的に取るのが難しいのなら、
賢く間食を利用して
ご飯を上手にコントロールしましょう!

本八幡 賃貸は当サイトへ
http://www.townhousing.co.jp/shop/motoyawata/

TRES FOOTBALLドットコム
http://soccernavi.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

情報をさらに収集!生活ナビゲーションブログ:170907

31-01

減量を始める度に
「今度こそは!」と思うけれど、
やっぱりなかなか続かないなんてことありませんか?

シェイプアップが長続きしない…
そんな悩みは、誰にでもあてはまること。

減量は好きなことを我慢して、
ご飯制限やトレーニングもある程度、我慢しなくてはいけません。

でも、
我慢ばかりではストレスになりますよね…

なので、例えば、
おやつをどうしても食べたくなってしまった時でも
休日に楽しんで、
あしたからの糧にするのも良いかもしれないですね。

毎日続けることが大事だと言っていますが、
ある程度自分に合ったペースで続けられることのほうが大切ですよね。

また、
体操が苦手という人は、
ちょっとした減量知識を知っておくと、
その分心が軽くなるかもしれません。

笑うことで使うカロリーって知っていますか?
十分間笑うだけでも、10kcal~40kcalを消費すると言われていて、
代謝も20%アップするそうですよ!

また、運動する前に摂取するといいものがあるとか…

カフェインを含んだ紅茶やコーヒー、緑茶といった飲み物には
ダイエット効果がありますが、
飲むタイミングに気をつけると
その減量効果をより多く得ることができるそうです。

トレーニングする前、体質を動かす前にカフェインを摂取すると、
交感神経が刺激を受けて、身体に溜まった脂肪が分解されて、
血液中にどんどん出てきて…

そこで体操をすると、
血液中の脂肪酸を燃やすことができるんですって!

これは温かい飲み物の方がより効果があるとされているので、
朝、ホット紅茶でも飲んで、駅まで早歩きで行くのもいいですね!

新越谷 賃貸チェック
http://www.townhousing.co.jp/shop/shinkoshi/

aws 保守
https://cloudpack.jp/service/fullmanaged.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

情報をさらに収集!生活ナビゲーションブログ:170507

31-05

ダイエットをする時に気をつけるべきこととして、
ご飯と運動がありますよね。

ところでこの食事と食べる事について、
みなさんは、
行うべき順番があるというのをご存知でしょうか?

運動は、食べる事をしてから
しばらく経過をした時に行うのが良いと言われています。

食事をしてから十分な時間をとれば、
身体の中に食料はなくなります。

すると、
運動をする時に使われるエネルギーは
純粋にからだの中にすでに蓄えられている
脂肪や糖分をエネルギー源として使います。

ところが…
食事をした直後にトレーニングをしたとします。

すると、
今肉体の中に取り入れた食べる事のエネルギーを
燃料のもとにしようとします。

ダイエットは
からだの中にたまっている余分な栄養分を
いかに使うかにかかっています。

ですから、
今摂取したものを使っては、
シェイプアップの効果が半減してしまうわけです。

よく午前中早くに
ジョギングをしている方がいらっしゃいます。

あれって、ダイエットの面から見ると、
非常に効率的な方法だと言えるんですね!

というのも、!–時間朝–>起きて運動するということは、
からだの中に食べ物がないはずです。

なので、確実に、
すでに肉体の中に貯蔵をされているものが
エネルギー源として使われるんですよね。

ご飯をしてからしばらく経過した時に
トレーニングをするのは、望ましいことです。

しかし、
水分も一切摂取しないというのはかえって危険ですから、
控えるようにしましょう。

あたくしたちの体質の大半は、水分で構成されています。

ですから極度に水分を失うということは、
生命の危機に発展しかねないのです。

松戸 賃貸
http://www.townhousing.co.jp/shop/matsudo/

振袖におまかせ
http://www.kyotokimonoyuzen.co.jp/item

サメ軟骨おすすめ
http://www.suplinx.com/shop/e/esharkcar/

aws sslの情報
https://cloudpack.jp/service/ssl-application.html

新橋 寿司クリック
http://restaurants.andaztokyo.jp/jp/the-sushi/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

情報をさらに収集!生活ナビゲーションブログ:170207

31-01

減量には、適度な体操が効果的なんですが…

「どんなトレーニングをしたらよいのかわからない…」とか
「そもそも運動が嫌い…」といった人に、
あたくしはアイソメトリックスをお勧めします。

アイソメトリックスというのは、日本語に訳すと「等尺性筋収縮」。
解りやすく言うと、
「筋肉の長さを変えずに力を加える」体操のことを指します。

ストレッチのように筋肉を伸ばしたり縮めるのではなく、
体の各部分の筋肉の長さを変えずに力を加えて、
約7秒間緊張させることによって筋肉を鍛えるトレーニングです。

腕相撲で、力が均衡していて、
握った拳が止まって動けないような状態ってありますよね?
そんな状態を意識的に作り出すことで、
筋力と基礎代謝をアップさせようという体操です。

道具も場所も選ばず、
どこででも短時間で筋肉を鍛えることができるのが、
このアイソメトリックスというトレーニングの特徴です。

アイソメトリックスは、
筋肉を伸縮させる体操ではないので、
固定された物を押したり引いたりすることで、
筋肉を固定したまま鍛えることができます。

また、
両手を胸の前で合わせて押し合う運動や、
胸の前で手を鍵状に組み、引き合うトレーニングも、
アイソメトリックスになります。

電車の中や仕事をしながら、テレビを見ながら…など、
思い出したときに、このアイソメトリックスを行っていれば、
知らないうちに少しは筋力がアップしているはずです。

簡単なトレーニングですが、
何もしないよりは、当然シェイプアップ効果は上がります。

筋肉は力を加えないとどんどん衰えていくだけです。
ちょっと意識を持つだけで、
アイソメトリックスのような簡単なトレーニングで筋肉を動かし、
筋力や体力の低下を防ぎ、ダイエットを成功させましょう!

ビアガーデン 新宿 ヒルトン
http://tenkugarden-nikuterrace-fido.com

青砥 賃貸は
http://www.townhousing.co.jp/shop/aoto/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930