是非とも知っておきたい生活のお役立ち情報をここではご紹介しています。

menu

情報をさらに収集!生活ナビゲーション

情報をさらに収集!生活ナビゲーションブログ:170823

31-04

部分的にシェイプアップするのは、
ただ体重を落とすよりも難しい事が多いですね。

痩せたいのは脚なのに、胸から痩せてしまった…
などという経験をしたことがある方は、
結構多いのではないでしょうか。

特に、下半身のシェイプアップに苦労する方が多いようです。
減量しようと、ハードな運動をしたら、
脚などはかえって筋肉がついて、太く見えてしまう事があります。
お尻なども、普通に減量しても、
なかなか痩せませんよね。

これは、下半身が太くなる原因の大半が、
むくみであるからと考えられています。

冷え性の方は、その可能性は非常に高いでしょう。
冷えは、血行不良を起こす厄介な症状です。
血行不良になると、むくみも起こりやすくなりますよね。

そうなると、新陳代謝が下がりますから、
どうしても肉体に溜まった脂肪は燃えにくくなります。
そのせいで、太っていなくても、
太くみられる下半身になっている事が多いのです。

それを解消するには、ハードなトレーニングよりも
下半身のストレッチやマッサージなどで、
あしの血行改善に努めるのがいいでしょう。

半身浴して、お風呂上りの温まった足に
マッサージとストレッチをするというのが理想ですね。

日常的に、身体を冷やさないような工夫をする事も大切です。

太ももやふくらはぎ、ウエストを
露出するような格好はしないようにしたり、
冷たい飲み物を避けるようにしたり…
生姜湯などの、体を温める飲み物も効果的でしょう。

あまり色々としようとすると、疲れてしまいますから、
少しずつ冷えを改善して、ダイエットを成功させましょう。

本八幡 賃貸のこと
http://www.townhousing.co.jp/shop/motoyawata/

振袖おすすめ
http://www.kyotokimonoyuzen.co.jp/item

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

情報をさらに収集!生活ナビゲーションブログ:170123

31-06

お父さんはがんで入院し、余命を宣告されていました。
しかし、死と闘う人には健康という言葉は無縁のものでしょうか? 

オレはパパの闘病生活を見ていて、
健康って何だろうと考えさせられました。

お父さんの体質は、病にむしばまれていましたが、
心は誰よりも健康でした。
大部屋での笑い声はいつも父の声。

そして空を見ては、
大好きな俳句をノートに書きとめていました。
ボクはパパの心の内をみようともせず、共に笑っていました。

しかし、そんなパパも個室へ移る日がやってきました。

怖かったに違いありません。
でも父親は「大声で笑えるな」といいました。

その視線の先にあったのは、
空が見えない窓、古い病室の壁のしみ…
暗く、静かな病室は、不安だけがあふれています。

僕は申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
父は最期の時間を、この中ですごさなくてはならないのかと…

親父は、そんなミーの気持ちを察したのでしょう。
「千羽鶴が華やかに見えるな」と、笑顔で言ってくれました。

父は、
亡くなる24時間前まで笑顔でいることができました。

ある朝、目を覚ました父はぼくに、
「きれいな部屋だ」とやさしくほほえみました。
「壁も、窓の外も、千羽鶴も、みんな黄色一色だ。幸せの色だな」と。

すぐに肝臓のせいだとわかりましたが、
父はうれしそうに笑うのです。

それが、親父の最後の笑顔となりました。
壁のしみも窓の外の病棟もきれいだ…と、目を閉じたのです。

病に倒れても笑ってくれた親父。
おれに心残りがないようにと最後に言ってくれた言葉…

オレは丈夫なをからだ持っています。
でもあんなふうに笑えているだろうか? 
親父の残してくれた笑顔は、
周りの人みんなに健やかな心を与えてくれました。

新越谷 賃貸
http://www.townhousing.co.jp/shop/shinkoshi/

aws 保守ナビ
https://cloudpack.jp/service/fullmanaged.html

チャペル ウエディングは
https://www.andaztokyo.jp/wedding/venue/

トリプトファン
http://www.suplinx.com/shop/e/etryptoph/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031