是非とも知っておきたい生活のお役立ち情報をここではご紹介しています。

menu

情報をさらに収集!生活ナビゲーション

情報をさらに収集!生活ナビゲーションブログ:180715

31-07

一週間位前、自宅に小包が届きました。

それは仲間からの物で、
中身は5枚組みのCDでした。

自分でテーマ毎に編集したその音楽CDには、
学生当時一緒に時を過ごしていた
友達たちへのメッセージがつけられていて、
もらったぼくには心底懐かしく、少し身体が震えるくらいの感動でした…

「バブルの絶頂前」という、
時代の華やかさの一歩手前で
学生時代・社会人1~2年生時代を過ごしていたぼくたちは、
連日変わっていく街の中でも
常に「深く楽しむ事」に没頭していたように思います。

そんな中、
オレや仲間が特に音楽に対するこだわりは深く、
聞く・演奏するを初めとした楽しみの他に
「踊る」という大きな楽しみを見つけてしまったのです。

その躍る場所は、「Disco」!
バブル期では、男性を意識しまくり半裸状態で躍ったりしていたようですが、
わたくしたちは純粋に「音のシャワーを全身で浴びる」快感に身を委ねていました。

特にSoul Musicを愛しているおいらと友人は、
その好きな曲に身を委ねるのがこんなに楽しいのか!と見事にハマり、
毎日Discoの事ばかり考えていたような気がします。

その内、少しずつかかる音楽の内容も変わっていき、
時代に合わせるようにテンポが速くなり、女性たちも少しずつ派手になり…

それでも、心が鷲づかみになる曲は必ず表れ、
かなり楽しい数年間を過ごしたのです。

ともすれば、
保身に回ったり、将来をばっちり考える時期にきているおれたちですが、
たまには、漠然とした将来に不安を感じながらも、
強気で前向きに生きていたあの頃を思い出しながら、
身を委ねる快感に酔いしれるひと時を少しだけ与えてくださいね…と、
旦那にお願いしました。

今日はおしまい!!!

新小岩 賃貸は
http://www.townhousing.co.jp/shop/shinkoiwa/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

情報をさらに収集!生活ナビゲーションブログ:180615

31-06

ボクは、仲間と呼べる人たちとの関係を、
自ら絶っていた時期がありました。

今から思えばとても失礼なことになりますが、
わし自身に「仲間」という認識はありませんでした。

だけど寂しさからとりあえずは時々会っていた人たち…と
思っていた頃のことです。

自ら絶っていたという一番の理由は、
仲間たちの話題に僕がついていけなくなった…と
感じたことが原因でした。

高校時代の部活の仲間で、
皆結婚と共にすぐに妊娠し、子供が出来ました。

その頃の俺は旦那との距離に悩み、セックスレスでもあり、
妊娠の可能性も低いと医師から判断され、
妊婦さんからおよそ遠い場所にいたんですよね。

そんな状態の中、
その仲間の一人から、
「皆と久々に会おう」という話が出てきたんです。

当時のわたしは
「面倒くさい…」という気持ちもありました。

自分が壁を作って人と接していましたし、
親しみからあたくしのことで盛り上がっていても、
わたし自身には「馬鹿にされている」という感覚しか持てなかったですから…

それでも一人ぼっちになる恐れがあったため、
俺は重いコシをあげて会っていました。

そして、
その時も何年かぶりに出会って、
皆が楽しそうに笑っていました。

今はもちろん、本当に楽しくて、
俺にも抵抗なく関わってくれていたんだということが分かりますが、
あの頃のわしは彼女たちの話題に全くついていけなかったんです。

理由は話題の違い。

仲間はあたくしを入れて5人。
4人は結婚し子どもがいる…
おいらは結婚してはいても娘がいません。
話の話題はお子様が中心…
私はなんだか蚊帳の外にいるように感じていたのです。

本八幡 賃貸の案内
http://www.townhousing.co.jp/shop/motoyawata/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031