是非とも知っておきたい生活のお役立ち情報をここではご紹介しています。

menu

情報をさらに収集!生活ナビゲーション

情報をさらに収集!生活ナビゲーションブログ:180626

31-10

人は「習慣」の生き物であることが、
最近の脳科学の研究でも解明されているそうですが、
皆さん、ご存知でしたか?

あたしたちの体は、ある事象を一度体験してしまうと
それが「当たり前」になり、
それを繰り返していくうちに、習慣となり
「やらないと気が済まない」ようになるのだそうです。

しかも、
「悪い習慣」ほど人間の本能的な快楽に近いので、
習慣化しやすいのだとか…

この「習慣」を「食べること」と結びつけるとどうなるか?

例えば…
肉餃子を食べに行った時、食後のデザートとして、
チーズケーキやアイスを食べて
脳がその時の状態を「美味しい」「幸せ」と認識してしまうと、
「食後にはスイーツ」
という「習慣」ができてしまうわけです。

そして、
何度も食後に果物を食べる習慣ができてしまうと、
今度は「食後に果物を食べないと不幸」
という認識になってしまうんですね!

同じように
「24時になったらスナック菓子を食べる」
「寝る前におかしをつまむ」
「深夜番組を見る時にはスナック菓子が手放せない」
というのも、
最初はママと一緒の時とか
ホンのちょっとしたきっかけで始めたことが
習慣化された結果です。

こんな習慣は、
シェイプアップにとって、大敵としかいいようがないですよね。

しかも
脳は一度「快感」と感じたことは
繰り返し求めるんだそうです!

脳のこんな癖に気付かずに、
この「快感」に溺れてしまうと、
やめることが難しくなってしまうんです。

ですから、
習慣化する前に、
「悪い習慣」はやめる、
もしくは「最初からやらない」ようにしましょう。

「最初からやらない」ことが最もラクな方法だと、
おいらは思うんですが…

じゃんじゃん

新小岩 賃貸ドットコム
http://www.townhousing.co.jp/shop/shinkoiwa/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

情報をさらに収集!生活ナビゲーションブログ:180526

31-07

こんばんわ

腹式呼吸が健康にいいという話はよく聞きますよね。

シェイプアップにいいというラジオ体操やゲルマも、
基本は腹式呼吸をすることから始まります。

腹式呼吸とは、
ウエストの横隔膜を下げることによって息を吸い込んで、
逆に押し上げることで息を吐き出す呼吸法です。

これをすることによって、
内臓の血行が良くなっていったり、
大胸筋や腹筋が鍛えられて、基礎代謝量アップにもつながるそうです。

腹式呼吸の方法は簡単!
まずは息を全部吐き出します。
次に、鼻からゆっくり吸って、
この時ウエストもいっしょに膨らむようにします。

ちょうど、腹に風船があって
その風船を膨らませるようなイメージをすると良いかもしれませんね。

めいっぱい吸ったら、
今度はお腹をへこませながら、ゆっくり息を吐き出します。
お腹の風船をしぼませるようなイメージです。

肩で呼吸をするのではなく、
ウエストで呼吸をするというのがポイントですね。

オレたちは、横になっている時やイスに座っている時、
自然と腹式呼吸をしています。

一度、仰向けに寝転んで呼吸をしてみてください。
呼吸に合わせて、お腹が膨らんだり、へこんだりしていませんか?

普段の生活から腹式呼吸を取り入れるのは難しくても、
ふと思いついた時に、
10~20回ぐらい腹式呼吸でゆっくりと深呼吸してみるといいでしょう。

ミーたち人間は、1日で26,000回も呼吸しているそうですから、
ちょっとしたことでも、
積み重ねればシェイプアップにはもちろん、
健康面でもいい効果が期待できるでしょう。

腹式呼吸をやれば、絶対やせるということではありませんが、
減量効果をサポートするという意味で、
呼吸に気をつけてみるのもいいと思います。

え?もう時間だ。仕事行ってきます~

新小岩 賃貸
http://www.townhousing.co.jp/shop/shinkoiwa/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

情報をさらに収集!生活ナビゲーションブログ:180426

31-04

ママの身体というのは、
赤ちゃんを産んでから3年間は
母性ホルモンが大量に分泌されるので、
この間は赤ちゃんを育てることを第一に置かねばならない。

3年間も育児をやっていれば、
育児の仕方はなんとなくわかってくるし、
それに母性ホルモンが大量に分泌されることで
自分の体型をお母さん体型に変えられるので、
体力的に無理なく育児をし続けることができるようになる。

しかし
子どもがいては仕事ができなくなるというのも事実である。

本来ならこの時期、育児に専念した方がいいのだから、
もしも仕事をするなら、自宅で仕事をするとか、
自分のお母さんか夫の母親に
子どもを預けて仕事をするしかない。

でも、自宅で仕事ができず、
自宅の周りに自分の母や夫のママがいないなら、
保育園に預けるしかないのである。

保育園というのは、
あくまでもママの都合によって生まれたものであり、
必要悪の存在だと言える。

経済的に余裕があるのなら、
保育園などには娘を預けない。

保育園に娘を預けねば仕事ができず、
仕事をしなければ生活が成り立たないからこそ、
母親の方も未練たらたらで子どもを預けるのだ。

保育園というのは幼稚園とは決定的に違い、
保育園は大きくあるべきではなく、小さくあるべきなのである。

お子さんは3歳まで、
小さな世界で育てるからこそ、脳が健全に育って行くのであって、
余りにも大きすぎる場所で育ててしまうと、
脳が健全に育たなくなってしまう。

だからこそ保育園は小さな組織であるべきなのであって、
保育士たちは常時、息子たちに目を届かせなばならないのだ。

大宮 賃貸の案内
http://www.townhousing.co.jp/shop/omiya/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

情報をさらに収集!生活ナビゲーションブログ:180326

  • 2018
  • コメントは受け付けていません。
31-01

定年後の暮らしは田舎暮らしがいいか、都会暮らしがいいか…
何となく旦那と会話することがある。

当然わたしは便利な暮らし、
年老いても安心のある暮らし、
車でお買い物も病院にもすぐに行ける都会暮らしを望んでいる。

ところが…

半年前から
わしのお父さんとお母さんが二人とも体調をくずし、
ボクは頻繁に看病や手伝いに行くようになった。

親の住む町は町といっても
20分も歩けば高原、草原、畑、牛、馬が目にとびこみ、
歩いている人の姿は見ないといった全くの田舎である。

遠くから看病に来る娘の私は、
片道三時間の道のりを仕事の疲れと更年期の体調の悪さで
自分が倒れてしまうかもしれないという不安でいっぱいの看病であった。

しかしある時、
不便な土地でのショッピングはどこで?と思っていた矢先、
隣(といっても100m先の)の方からいただく新鮮な野菜やフルーツ、
しばらく歩けば放し飼いの鶏の卵の販売機、
山あいの川で釣った川魚をいただき、
なんともありがたい御馳走かと思った。

またある時は、
看病に疲れた体質で外へ出てみると満天の星空。
真夏の夜風は心とからだにやさしく、看病疲れを一掃させてくれたものだ。

ほぼ半年通う頃、
何となく自分の体が軽く感じられるようになっていた。

疲れがとれていくような感じがして
両親の元へ行くことが楽しみになってきた。
おれの心の中で何かが変わっていく気がする。

デパートも映画館もレストランもないけれど、
昔子どもの頃に当たり前のように感じていた空気、土、水がここにはある。
今現在の体には、なによりの薬だ。

あたくしの心を半年で変えてしまった田舎暮らしへの魅力、
旦那にはまだ何も言ってはいない。

センター南 賃貸ナビ
http://www.townhousing.co.jp/shop/centerminami/

コスタクルーズの情報
https://www.best1cruise.com/B/COS/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031