是非とも知っておきたい生活のお役立ち情報をここではご紹介しています。

menu

情報をさらに収集!生活ナビゲーション

情報をさらに収集!生活ナビゲーションブログ:180426

31-04

ママの身体というのは、
赤ちゃんを産んでから3年間は
母性ホルモンが大量に分泌されるので、
この間は赤ちゃんを育てることを第一に置かねばならない。

3年間も育児をやっていれば、
育児の仕方はなんとなくわかってくるし、
それに母性ホルモンが大量に分泌されることで
自分の体型をお母さん体型に変えられるので、
体力的に無理なく育児をし続けることができるようになる。

しかし
子どもがいては仕事ができなくなるというのも事実である。

本来ならこの時期、育児に専念した方がいいのだから、
もしも仕事をするなら、自宅で仕事をするとか、
自分のお母さんか夫の母親に
子どもを預けて仕事をするしかない。

でも、自宅で仕事ができず、
自宅の周りに自分の母や夫のママがいないなら、
保育園に預けるしかないのである。

保育園というのは、
あくまでもママの都合によって生まれたものであり、
必要悪の存在だと言える。

経済的に余裕があるのなら、
保育園などには娘を預けない。

保育園に娘を預けねば仕事ができず、
仕事をしなければ生活が成り立たないからこそ、
母親の方も未練たらたらで子どもを預けるのだ。

保育園というのは幼稚園とは決定的に違い、
保育園は大きくあるべきではなく、小さくあるべきなのである。

お子さんは3歳まで、
小さな世界で育てるからこそ、脳が健全に育って行くのであって、
余りにも大きすぎる場所で育ててしまうと、
脳が健全に育たなくなってしまう。

だからこそ保育園は小さな組織であるべきなのであって、
保育士たちは常時、息子たちに目を届かせなばならないのだ。

大宮 賃貸の案内
http://www.townhousing.co.jp/shop/omiya/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

情報をさらに収集!生活ナビゲーションブログ:180326

  • 2018
  • コメントは受け付けていません。
31-01

定年後の暮らしは田舎暮らしがいいか、都会暮らしがいいか…
何となく旦那と会話することがある。

当然わたしは便利な暮らし、
年老いても安心のある暮らし、
車でお買い物も病院にもすぐに行ける都会暮らしを望んでいる。

ところが…

半年前から
わしのお父さんとお母さんが二人とも体調をくずし、
ボクは頻繁に看病や手伝いに行くようになった。

親の住む町は町といっても
20分も歩けば高原、草原、畑、牛、馬が目にとびこみ、
歩いている人の姿は見ないといった全くの田舎である。

遠くから看病に来る娘の私は、
片道三時間の道のりを仕事の疲れと更年期の体調の悪さで
自分が倒れてしまうかもしれないという不安でいっぱいの看病であった。

しかしある時、
不便な土地でのショッピングはどこで?と思っていた矢先、
隣(といっても100m先の)の方からいただく新鮮な野菜やフルーツ、
しばらく歩けば放し飼いの鶏の卵の販売機、
山あいの川で釣った川魚をいただき、
なんともありがたい御馳走かと思った。

またある時は、
看病に疲れた体質で外へ出てみると満天の星空。
真夏の夜風は心とからだにやさしく、看病疲れを一掃させてくれたものだ。

ほぼ半年通う頃、
何となく自分の体が軽く感じられるようになっていた。

疲れがとれていくような感じがして
両親の元へ行くことが楽しみになってきた。
おれの心の中で何かが変わっていく気がする。

デパートも映画館もレストランもないけれど、
昔子どもの頃に当たり前のように感じていた空気、土、水がここにはある。
今現在の体には、なによりの薬だ。

あたくしの心を半年で変えてしまった田舎暮らしへの魅力、
旦那にはまだ何も言ってはいない。

センター南 賃貸ナビ
http://www.townhousing.co.jp/shop/centerminami/

コスタクルーズの情報
https://www.best1cruise.com/B/COS/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30